スタッフ紹介

STAFF INFORMATION

私たちが責任をもって皆様の製品をお作りします。

当社ではそれぞれの専門性を高めるために各工程で担当を持って作業しており、経験年数20年を超える熟練工も在籍しています。
社員紹介を通して私たちの仕事に対する想いを知っていただければと思います。

  • 代表取締役
    廣川 一好

  • 専務取締役 CAD/CAM担当
    廣川 健一

  • 現場主任 ベンダー担当
    橘高 良平

  • 溶接仕上げ担当
    能島 健

  • 溶接仕上げ担当
    臂 忠実

  • 溶接仕上げ担当
    水城 浩之

  • 溶接仕上げ担当
    馬場 隆幸

  • タレットパンチプレス・
    ベンダー担当
    山本 紘史

  • レーザーマシン・
    溶接仕上げ担当 
    廣川 貴司

  • 出荷担当
    金高 伸市

社員インタビュー

STAFF INTERVIEW 01

専務 廣川 健一 
【担当:生産管理・CAD/CAM】

生産管理に責任を持つ

入社して32年の廣川です。CAD/CAMのデータ作成と仕事の段取りや生産管理といった仕事を中心に担当しています。 私は兄の一好と共に父が創業した広川熔工を受け継ぐ形でこの仕事を始めました。現在専務として社長補佐の役割を担いながら生産管理や稼働を調整しています。

私がやっていることで特に重要なのが、仕事量の調整や納期管理です。ご依頼いただいた仕事が予定通り納品できるように責任を持って取り組んでいます。
基本的には機械の稼働や皆の手が止まらないようにどうするかを考えているのですが、お客様から「〇日までにどうしても品物がほしい!」といった緊急のご相談を受けたとき、全体の進捗や稼働率を見ながら希望納期に応えるにはどうしたらいいか?を調整していきます。

仕事を通して信頼関係を築き、企業としても成熟していく

厳しい納期を相談されることもありますが、どんな仕事でもしっかりと対応し、お客様に喜んでもらうというところが生産管理のやりがいだと思っています。

お客様のご要望に応え続けていくということは、責任も大きく楽しいというよりも大変なことの連続です。 小さな仕事であれ大きな仕事であれ、ひとつひとつ丁寧に積み重ねていくことを心掛けてやってきましたが、そうした姿勢がお客様との信頼関係を築くことに繋がったと私は思っています。大変なことを達成するために人は工夫をしますし、ご要望に応えるために作業効率を改善し向上していきます。 そうした積み重ねは企業としての成熟にも繋がっているように思います。

ものづくりを支える柱として、社会を支える柱として

お客様と信頼を築くことや会社を大きくしていくということは一朝一夕で出来ることではないですし、簡単に真似されるものではありません。大変なことも多いですが、だからこそ、それが私たちの誇りであり自信となっているように思います。

仕事はお客様あってのものですが、私たちの会社というのはものづくりを支える柱であり、雇用を生み出すことで地域に貢献するという側面も担っています。 父の代から創業して57年が経ちましたが、兄と共に受け継いだこの仕事を次の世代にちゃんと渡せるように。というのが今後の想いとしてありますね。

STAFF INTERVIEW 02

主任 橘高 良平 【担当:ベンダー】

基本を大切にし、経験を活かす

入社して23年になる主任の橘高です。 現在はベンダーを担当していますが、私は社歴が長いので今の担当制になる前には溶接をしたり、他の機械を動かしながら曲げをやるといったことも経験してきました。 工場に設備が揃い、一人ひとり担当を持つようになったことで効率はもとより、飛躍的に働きやすくなったと感じます。

私がやっている曲げの仕事で大切なのは、しっかり図面を見て頭の中で展開し、曲げ順を考えながら作業していくという基本的なことだと思います。 今でこそ画面に曲げ線が表示されるし、角度センサーもありますので曲げの角度もしっかり出てくれますが、設備がなかった頃は途中で曲がらなくなってしまったという失敗もありました。当時は他の作業も平行していたこともあって大変でしたが、機械がなかった頃の経験があるからこそ、図面をパッと見て曲げの順番が分かるようになりました。

設備力x技術力

精密板金の仕事はそれぞれの工程毎に担当を持って作業を進めていくのですが、各工程は別々ではなく繋がっています。 最初の設計段階で図面を見て展開するにあたり、なるべく溶接のないように曲げれるところは曲げるということを考えていると思いますので、そうした意図を汲みとりそれに応えれるようにしています。

例えば溶接で時間が掛かりそうな場合は曲げで頑張ってリードタイムを短縮する。という感じです。 うちではAMADAさんの高性能なベンダーを入れているので、設備の機能をしっかり活かすということもやっていますが、設備がなかった頃の経験も時間短縮等に活きています。 スピードや正確性という部分で機械の性能を活かしつつ、 そこに今まで培ってきた経験を掛け合わせることで更なる効率化が可能なので、仕事の効率・品質というのはやはり働く人の経験値で違ってくるように思います。

一人ひとりが密になり、気持ちよく働いていける組織を実現する

うちの会社は、社長や専務が必要なものがあればなんでも相談してくれと言ってくれるんです。食堂にはウォーターサーバーやコーヒーといった設備以外の備品も用意してくれてますし、とても働きやすいですね。

もちろん大変なこともありますが、充実した設備が揃っているところや、それに伴い専門性をもって働けるという面でもかなり良い環境だと思いますよ。自分の理想像にはまだまだ達していませんが、私自身も主任として忙しそうにしているメンバーに声を掛けたり、皆と密になることでより良い職場環境にしていきたいと思っています。

STAFF INTERVIEW 03

能島 健 【担当:溶接仕上げ担当】

一人ひとりがものづくりに対するこだわりを強く持っている

広川熔工に入社して12年になる能島です。 最初に入社した会社でステンレスとアルミの溶接をメインに14年間やっていましたので、経験年数でいえば30年近く溶接の仕事に携わっていることになります。

入社のきっかけは当時、社長がステンレスとアルミに力を入れていこうとしていて、うちで一緒にやらないか?と声を掛けていただいたのがきっかけです。 社長の人柄や社内の風通しが良く、従業員一人ひとりがものづくりに対するこだわりをしっかりと持っているところに惹かれました。 広川熔工では製品の品質や精度を高めるためなら上下関係に縛られず改善点を言い合える雰囲気があるので、自分の力を発揮できますし、向上心があればどんどんチャレンジできる会社だと感じています。

ステンレスとアルミの溶接に加え、チタンの溶接も対応

「ステンレスの溶接を美しく仕上げる」というのは非常に難しく、品質の高い製品をとなると出来る職人がなかなかいないのが現状です。

理由は大きさや板厚によってやり方やポイントが全く違ってくるため、様々な製品で試行錯誤することでひとつひとつ最適解を積み重ねていくしかないためです。 「なぜこの場合はこうしなければいけないのか?」というコツが人に蓄積される経験値に基づいているため、単純に真似できないのがステンレスやアルミの難しさであり、同時にやりがいでもあります。

広川熔工ではステンレスとアルミの溶接に加え、チタンの溶接にも対応しています。チタンになると非常に特殊な技術が要求されるため、県内でも受けられる所はとても少ないと思います。

厚板のアルミとステンレスならどこにも負けない。

ステンレスやアルミの製品を制作する上で大切なのは見た目の美しさです。 塗装で隠したりできない素のものが出来るため、いかに傷つけず綺麗に仕上げるか?が品質の違いになってくるんですが、特に違いが出るのが溶接工程です。私は溶接の仕事を始めたときからアルミとステンレスを専門でやってきたので、歪みを抑え、溶接ビートを美しく見せる技術なら誰にも負けません。パッと見たときに広川熔工の製品は違うと思っていただけるものを作るという信念と自信を持って仕事をしています。

品質を高めるために社内の雰囲気を良くし、コミュニケーションをとる

広川熔工では充実した設備が揃っているという点も強みですが、機械化できない部分でいわゆる職人の技術・職人気質という感覚をしっかり持っているのが強みだと思います。趣味でも車やバイクのパーツや機械が好きな人間が集まっているので、一人ひとりがものづくりに対するこだわりがとても強く、製品をより良くするためなら遠慮せずに言いたいことを言わなければいけないという感覚で仕事をしています。

STAFF INTERVIEW 04

水城 浩之 【担当:溶接仕上げ担当】

効率を考えながら無心でやる。

入社して7年の水城です。ステンレスと鉄の溶接をメインに担当しています。 溶接は技術や経験ももちろんですが、如何に無駄な手数を掛けず要領良く作業するか?の積み重ねが作業・ひいては納品までの時間短縮に繋がっていきます。 大きな鉄の溶接などは1度ひっくり返すだけでも手間が掛かるので、常に効率的に作業していくことを考えて仕事をしています。

ステンレスの薄板などはやはり溶接が難しく、経験値や人それぞれのやり方が製品の仕上りに影響してきます。 言葉にしたり人に伝えるのが難しい感覚的な要素が大きいので、効率的に作業するということと同時に体で覚え(経験に基づく)「無心」で作業するということを私たちはやっています。

如何なるときも「使う人がいる」ということを忘れない

基本的には担当がそれぞれ決まっているので、図面をもらったら個々で各自の作業をしています。 私はプライベートで車のパーツやオーディオ関係をさわるのが好きなので、集中してものづくりができるこの仕事はとても楽しいですね。

やってて良かったなと感じるのは、ご依頼をいただくお得意様のところに出向いたときなどに納品した製品を見たときや、実際に使っていただいてるのを目にしたときが1番嬉しいです。 当たり前のことですが、私たちが作る先には「使う人がいる」ということはいかなる時も忘れないようにしています。

雰囲気が良く、働きやすい職場だから未経験でもやる気があれば大丈夫

広川熔工は社長の面倒見が良く、社員のことをよく気にかけてくれる働きやすい職場だと思います。 飲み会も多いですが堅苦しい感じや上下関係に縛られていないので、どちらかと言うと従業員からやろうと言い出すことが多いんです。皆言いたいことを言うので本当に楽しいですよ(笑)

溶接は人に伝えることが難しく、経験することでしかその技術は身に付きません。広川熔工では育成や長期勤続によるキャリア形成を図っていくという観点から、若い方は未経験でも採用しています。 企業によっては溶接の資格等が必要ですが、うちではやる気さえある人なら丁寧に指導していきますので、ものづくりが好きだけどまだ経験がない…という方もまずはご応募ください。やりがいがあってとても楽しい仕事ですよ。

STAFF INTERVIEW 05

廣川 貴司 【担当:レーザーマシン・溶接仕上げ担当】

メリハリを付けて仕事をする

入社して6年の廣川です。私はレーザーと溶接をメインに担当しています。

会社のことについて話すときにこれはベタなんですが、うちは社員皆が本当に仲良いんです。 他の会社では勤務中は一言もしゃべらないという所もあるようですが、うちは話がしやすく休憩中にみんなとコミュニケーションをとったり雑談をすることもあります。

お昼休みの他に10時と15時の休憩があるんですが、こうした時間を有効に使うことで集中する時間とコミュニケーションをとる時間を分け、メリハリを付けています。 たぶん皆が言うと思うのですが、職場の雰囲気が良いのが広川熔工の良いところです。

難しい仕事にこそ達成感がある

私が担当しているレーザー加工機のメンテナンスでは例えば季節や条件、先端に付くノズルを変えたことによって切れ味が変わってきたりすることがあるんです。何かあると原因を調べ仮説を検証しながら調整していくんですが、機械を触ったり調整していく部分はやっててとても面白いですね。

溶接では特に大きなものを作るとき寸法や見た目の調整が難しいのですが、それが上手くいったときは嬉しいですね。 難しい仕事に挑むということにはやりがいや達成感がありますが常に改善が必要で、その人の向上心やモチベーションは品質にも影響します。 個人個人で担当は決まっていますが、お客様に納品するものですので、会社としての信頼に関わりますし自分だけで仕事をするのではなく「人を見て勉強する」ということを大切にしています。

自分の好きが活かせる仕事

工場にはレーザーをはじめタレパンやプレスブレーキといった大きな機械が多いので、働いているのはやはりプライベートでも車のパーツやオーディオ、パソコンといった機械や電子部品が好きという人が多いです。

私自身も普段は趣味でパソコンの組み立てをしたり、独自でCGの勉強をしたりしています。今後は仕事でも自分の好きを活かしながら働けたらと思っていて、例えばパソコンを使うという部分でCADで図面の展開図を作るといったことにも挑戦したいと思っています。 頭の中で展開していく必要があるため、現場の仕事が出来なければ展開も出来ませんが、自分の仕事で任された責任を果たしながら新しいことにチャレンジしていきたいと考えています。

お問合わせはこちら

製品や設備に関するご質問や、ご依頼に関する相談はこちらから承っております。

小ロット、短納期のご依頼も受け付けております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

pagetop